ランキングに参加しています。 blogramのブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ応援よろしくお願いします!

Braveridge

Braveridgeのオリジナル商品はすべてこちらで買い求めいただけます

Braveridgeのオリジナル商品はこちらでお買い求めいただけます

Braveridge アマゾン店

こんにちは、アプリケーションエンジニアの難波です。

Braveridgeでは2019年4月に糸島工場IoT推進委員会を立ち上げ、スマートファクトリー化を進めています。
第四弾として棚卸サポートシステムを構築しました。
※今回はIoTではなくITの話です

Braveridgeの糸島工場では、半期に一度のペースで倉庫内の部材の棚卸をしています。
(部材点数は約2000点!)

これまでの棚卸は次のように行なっていました。
1. パートさんが部材を数える
2. カーボンコピーの用紙に品目名と数を記入する
3. 一枚は部材が入った箱に添付し、もう一枚を社員に渡す
    ※箱に用紙を添付するのは棚卸済みのマーキングのため
4. 後日、社員が記入された用紙を見ながらデータ入力する

4のデータ入力が問題になっていて、社員総出で休日出勤してデータ入力していたようです。。。

そこで棚卸を効率化するために棚卸サポートシステムを構築しました。

stock_taking_system

このシステムの特徴は、棚卸の時に用紙の印刷とデータ入力を同時に行うことです。
既存の在庫管理システムとは、CSVファイルのインポート・エクスポートで連携します。

stock_taking_app

パートさんが棚卸をした時に、棚卸アプリ(iOS)で対象品目を検索して棚卸数を入力します。
完了ボタンを押すと、モバイルプリンタから品目名と数が印刷され、同時にサーバにデータ登録します。

sm-l200

モバイルプリンタはスター精密のSM-L200を使用しました。Bluetooth接続のプリンタを使用するのは初めてでしたが、StarPRNT SDKがとても使いやすくすぐに実装できました。
スター精密のプリンタ、オススメです。

stock_taking_process

始めは棚卸アプリの操作に戸惑っていましたが、すぐに慣れて問題なく操作できていました。

今回のシステム開発では、倉庫で数回、β版アプリを試してもらい、現場に意見を出してもらいながら改善しました。おかげで大きなトラブルもなく棚卸が完了できました。
やはり現場は大事です。

棚卸のIoT化といえばRFIDタグや重量センサーを用いたものがありますが、このような簡易的なサポートシステムでも棚卸コストを軽減することができます。

出場しました!2019年夏!

チャリ1グランプリ2019825_190826_0033
面白い光景ですよね

大分県のオートポリスで開催された、チャリ1グランプリです
一昨年初めて出場して、今回は2回目の出場です

サドルを一番下まで下げたママチャリで
4時間耐久で、チャリでリレーする
なんとも過酷なこのレース

レース開始前は敷地内でバーベキューを楽しめるということで
行楽気分で参加したチームブレイブリッジ

チャリ1グランプリ2019825_190826_0034
チャリ1グランプリ2019825_190826_0062

お腹いっぱいになってもう運動なんてムリとかいいながら
チャリ1グランプリ2019825_190826_0065
しっかり安全のための説明を聞いて
チャリ1グランプリ2019825_190826_0070

レースは開始しました
チャリ1グランプリ2019825_190826_0035

軽快に!!!と思いきや・・・

WS000000
戻って来るや否やバタバタと倒れこむ人々
手前で倒れている第2走者は勢いつけてピットインしてチャリから飛び降りた後、
疲労ありあまる両足が着地の勢いについていけずすっ転びました
経験者曰く「あー!それ言ってなかった!そうなるんだよ、だから降りるときは気を付けないとね!」
と、みんなの良き教訓となってくれました
チャリ1グランプリ2019825_190826_0122
1人2~3回は出ないといけないので、早く回復しないといけません。
チャリ1グランプリ2019825_190826_0090
ママチャリがバトン代わりのリレーです。
チャリ1グランプリ2019825_190826_0126
チャリ1グランプリ2019825_190826_0141

チャリ1グランプリ2019825_190826_0074
Braveridgeはゼッケン75番
2時間くらい走ったところで、雨が降ってきて
みんな「もう無理
チャリ1グランプリ2019825_190826_0105

「まだ2時間しかたってないのか?!」
チャリ1グランプリ2019825_190826_0045
という、魔の時間が訪れましたが
たこ焼きとかアイスクリームとか食べながら(笑)最期まで頑張りました


一番若い新入社員がアンカーをつとめました
チャリ1グランプリ2019825_190826_0157
頑張れガンバレ

結果・・・・
WS000002
全体で78チーム中35位
でした
真ん中より上

チャリ1グランプリ2019825_190826_0162

次回のママチャリレースに向けて、
ママチャリ通勤を考え始める私たちでした





ポチっと応援お願いします!





にほんブログ村 企業ブログへ にほんブログ村 企業ブログ ベンチャー企業(会社)へ

こんばんは。
今日はBraveridgeの日常編です。

勤続6年目のパートさんの
三十路のお誕生日ということで


misojiback

達筆!!!!

パートさんの、お子さんが作ったそうです。


misojifront

たのしそうです



Braveridgeってこんな会社です。

よろしくおねがいします。



こんにちは、アプリケーションエンジニアの難波です。

Braveridgeでは2019年4月に糸島工場IoT推進委員会を立ち上げ、スマートファクトリー化を進めています。
第三弾として生産表示板システムを構築しました。

弊社工場では毎日生産するものが変わる事もあり、組み立て作業自体を自動化するのは難しいです。
そのため、生産進捗を管理するために生産表示板を使用しています。
組み立てが完了するたびにボタンを押してカウントアップします。

factory_counter


これまでは、この生産表示板は生産現場(2F)でしか確認できませんでした。
そこで遠隔地でも生産進捗を可視化するシステムを構築しました。

システム概要図はこうなります。
IFCsは弊社IoTプラットフォームになります。

factory_counter_outline



各生産ラインの進捗は以下の画面で確認できます。
工場長からのリクエストで「進度」で生産進捗を表しています。

factory_counter_list


生産ラインがある2階では大型ディスプレイに表示しています。

factory_production_card


各生産ラインの進度をリアルタイムで把握できるので、人員配置の調整がジャストインタイムで行えるようになりました。


本社には、びわの木があって、
毎年たくさんの実がなります。

特にお手入れをしているわけではありませんが
みるみる大きくなるこの木
IMG_2738
びわはめちゃくちゃたくさんなっています
IMG_2739
ちょうどいまが食べごろですので
午前中の涼しいうちに収穫して、
洗って冷蔵庫に入れておくと
biwa
3時のおやつにぴったり
みんなで食べましたが、メロンみたいに甘くて驚きました
もちろん無農薬
まだまだあるのでしばらく収穫できそうです

そして社長は今日、喫煙所でクワガタを捕まえたので
麺棒の容器を虫籠にして、びわを与えていました
kuwa
食べてる




ポチっと応援お願いします!





にほんブログ村 企業ブログへ にほんブログ村 企業ブログ ベンチャー企業(会社)へ

こんにちは、アプリケーションエンジニアの難波です。

Braveridgeでは2019年4月に糸島工場IoT推進委員会を立ち上げ、スマートファクトリー化を進めています。
第二弾として生産ラインでの社員呼び出しシステムを構築しました。

弊社では入社後2週間は工場研修があり、生産ラインで組み立て工程などを担当します。
私も工場研修を受けたのですが、その時の経験をもとに社員呼び出しシステムを構築しました。

工場の生産ラインで組み立て作業を行っている時に、治具が不調になったり部材が足りなくなるなど問題が発生することがあります。生産ラインで問題が発生すると作業がストップしてしまい、作業時間の損失が発生します。
こういう場合はしかるべき担当者を呼んで対応してもらう必要がありますが、すぐに見つからず探す事もありました。

そこで自社製品のPochiruを使用して社員呼び出しシステムを構築しました。
Pochiruを3個使って、それぞれに治具不良・部品不足・その他/緊急と役割を設定しています。

factory_call_pochiru


システム概要図はこうなります。
IFCは弊社IoTプラットフォームになります。

call_button_outline


例えば治具不良ボタンを押すと、工場社員が参加しているLINEグループにメッセージが送信されます。
ボタン付きメッセージにしているので、対応する人がすぐ返事できるようにしています。

call_button_message


集計画面でどの生産ラインでどのボタンがよく押されているのか把握することができ、次の改善に活かせます。

call_button_aggregate


今後の機能拡充予定として、LINEメッセージの「対応する」ボタンが押されたら、ダウンリンクでもうすぐ担当者が来ることを呼び出した方にお知らせできるようにすることを計画しています。

こんにちは、アプリケーションエンジニアの難波です。

Braveridgeでは2019年4月に糸島工場IoT推進委員会を立ち上げ、スマートファクトリー化を進めています。
第一段として、自社製品のTobasu(温湿度センサー)を使って工場内の温湿度を可視化しました。

Tobasu
Tobasu

BLEルータ
router

1F・2Fに温湿度センサーを25個ずつ、BLEルータを1台ずつ設置しました。

put_1F
put_2F


システム概要図はこうなります。
IFCsは弊社IoTプラットフォームになります。

システム概要図


空調のある屋内なので全ての地点でほぼ同じ値になっていますが、1Fと2Fで温度差が確認できます。
これは、1Fが資材置き場(電子基板含む)で2Fが生産ラインになっており、役割が違うためです。

温度
温度ヒートマップ

湿度
湿度ヒートマップ


次回は生産ラインでの社員呼び出しボタンについて書こうと思います。

529日(水)~531日(金)に東京ビッグサイトで行われた

国内最大級のワイヤレス技術の専門展示会

「ワイヤレスジャパン2019」へ出展いたしました。


今年は、なんと4小間!そして壁のない島小間ということで、

いかに入りやすく、そして弊社の製品・サービスの魅力を
お伝えできるブースにするか社員総動員で頭を捻らせました。

その結果、出来上がったブースがこちら!!


▼ブース全体
★IMG_8851
★IMG_8848


▼デモ体験コーナー①
 弊社で作っている製品を実際に触っていただき、
 「すぐに使えるIoT」を体験できるコーナーを準備しました。
 ・64×64カメラ
 ・GPSトラッカー
 ・Oruto(人感センサー)
 ・Oshieru5.0(開閉センサー)
 IMG_8852


▼デモ体験コーナー②
 実際に弊社糸島工場で導入している工場IoTです。
 ・呼び出しボタン
 ・会議室システム
 ・温湿度照度センサー
 ・生産管理システム
★IMG_8853


▼business network.jp様に取材いただきました!
https://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/6745/Default.aspx

3日間ともに予想以上のお客様にご来場いただくことができました!
少しでも弊社・弊社製品へ興味をもっていただける機会になっていましたら幸いです。
次回の展示会出展もぜひお楽しみにお待ちください!