ランキングに参加しています。 blogramのブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ応援よろしくお願いします!

Braveridge

Braveridgeのオリジナル商品はすべてこちらで買い求めいただけます

Braveridgeのオリジナル商品はこちらでお買い求めいただけます

Braveridge アマゾン店
最強磁石
NumeKawa

福岡にも台風がやってきました

会社の裏のお墓に、枯れてもなお隣の木に支えられながら立っている木があったのですが、
とうとう今回の台風で倒れたもよう
木どうしで枝を絡ませて結構仲良くずっと立ってたので
まるでこの枯れ木とその木が
支え合う老夫婦かもしくは親子のように思えていたのでちょっと悲しいです
ki
ただ、この木の右側に線路があるので、
そちら側に倒れなくて良かったです
けっこうカリカリに乾いているので、薪として使えそう(←現金ですみません

さて、台風も去って昨日、
糸島市のバス停に、「バスいまどこ?」システムの機器を設置してまいりました。
basu3
屋根がある大きなバス停はもちろんですが
basu4
屋根がなくても
basu2
basu1
お日様にカンカン照らされるところもつけました
0502_lo8
バスに乗るとき、バス停についたものの、
「いま行ったばかりだったらどうしよう!」って思うことありますよね?
そんなときに活躍する赤いボタンをBraveridgeが作りました

このボタンを押すと、
バスがもうすぐ来るのか、
もう行ってしまったあとなのか
分かるようになっています
WS000010

そろそろ糸島市で実証実験を開始するのです
(荒天の影響でいくつかのバス停に設置できていないので設置完了次第

実際に運用する前に、
ここでいろんなバグとか、
「こんなときに不便だよ!」とか
「壊れたー!」とか、
今のうちに修正したいと思います

糸島市のみなさん、
バス会社のみなさん、
糸島市にきてバスに乗ってくれるみなさん

ご協力よろしくお願いします



ポチっと応援お願いします!ブログランキングならblogram





にほんブログ村 企業ブログへ にほんブログ村 企業ブログ ベンチャー企業(会社)へ

ログインの際、
これが読めなければ
人間ということを証明できない時代。

i470^cimgpsh_orig


とても難しいです。

i471^cimgpsh_orig


私は人間とは認めてもらえないのかと
落ち込みます。




ポチっと応援お願いします!ブログランキングならblogram





にほんブログ村 企業ブログへ にほんブログ村 企業ブログ ベンチャー企業(会社)へ

福岡は先日梅雨入りし、ジメジメした日が続いています
今年も我々を悩ませるもの、それは
dangomushi

だんごむしだんごむしだんごむしだんごむし

池が近いからか、ただただ田舎だからか
よく分かりませんが、この時期になると大量発生して気持ち悪いだんごむし。

見た目も気持ち悪いですが、
コイツ、コンクリートを食べるんです

そこで登場するのがこちら
21877
デナポンです

建物の周りにパラパラと撒くだけ。

あれよあれよとダンゴムシがこの毒餌に食いつき、
抱え込んで食べまくります

そして次の日にはコロコロと
mushi_dangomushi
コロコロコロコロ
大量にビービー弾の玉みたいのが転がります

気持ちが悪いので踏まないように注意しましょう

写真を載せようと思いましたが、大量すぎて気持ち悪すぎて
写真に残すことは憚られましたので悪しからず・・




ポチっと応援お願いします!ブログランキングならblogram





にほんブログ村 企業ブログへ にほんブログ村 企業ブログ ベンチャー企業(会社)へ

本日、ワイヤレスジャパン最終日でした。
Wireless Japan shugo
今回はStaff Tを用意して臨みました
白と紺がありまして
紺はうどんやさんのユニフォームのようなシンプルなデザインですが
白は社長を前面に押し出したデザインとなっています

キューバ革命の英雄みたいにしてみたのですが
WS000000
     ↑ご本人着用のようす↑
欲しくなった人はご相談ください
これからフェスの季節ですが、フェスTもどきでイケています。

実は、背中の襟下部分に、弊社の真実の社訓(公にしていない方)が載っています。
展示会にお越しいただいた皆様、お気づきだったでしょうか?
なんともロックンロールな雰囲気になりました。

さて、
肝心の展示会は大盛況でしたみなさまどうもありがとうございました


ポチっと応援お願いします!ブログランキングならblogram





にほんブログ村 企業ブログへ にほんブログ村 企業ブログ ベンチャー企業(会社)へ

PCで仕事をしていると、
漢字変換機能やインターネット検索機能を使いますが、
この変換には仕事柄がよく出ると感じます。

今日は朝ごはんの献立を調べようと
検索窓に「ちょうしょく」と入力したら
WS000008
朝ごはんは出てきませんでした

機構部品は、形状、構造だけと思われがちですが、
色も大事なポイントです。
色は、光の種類や屋外室内、天気によって見え方が変わるので、
色の調整は本当に難しいです。
一口に青!とか白!とか言っても、どんな青か、どんな白か
共有するのが大変なのです。
普通は仕事中に「朝食」なんて入力しないので
「調色」が真っ先に出てきます。

つぎに、「きばん」と入力したら
WS000009

「基板」が出てきます。
基板外形図ばっかり書いてる人みたいです。

電化製品には、必ず基板が入っています。
電気屋さんが回路を作って基板を作って製品が動くようになるのですが、
我々機械屋さんは、その基板を保護しつつ、
もし基板上に熱を発生させるような部品が載っていたらちゃんと放熱するように
ときには基板に機構部品を差し込んだり何か塗ったりしながら
基板を大切に取り扱うべく、製品を設計しています。
ですから、基板を製品内に収めるために「基板外形図」という図面を
電気屋さんと共有するので「基板」という言葉を「基盤」より多く使います。

こんな感じで、ふつうの文章を打つのに時間がかかります。

余談ですが、Googleの検索窓に、「一回転」と入力して検索してみてください。
(三半規管の弱い方は気持ち悪くなるかも)




ポチっと応援お願いします!ブログランキングならblogram






昨日から開催の、「次世代モバイル通信展」に出展しております
http://www.mobilenetwork.jp/

IMG_0005_preview
東京ビックサイト!
通信・放送WEEKの中の、次世代モバイル展は西ホールです。

本日お昼(もうすぐ!)からは、場内にてセミナーも実施します。
12:1012:40
WS000004

てっしーが説明します。



WS000003
Braveridgeのブースでは、
いろんな困ったを解決できるたくさんの製品を展示しています
IMG_0011_preview


ぜひご来場ください!!





ポチっと応援お願いします!ブログランキングならblogram






取扱説明書
27867

みなさん、ちゃんと読みますか?

実は本日から、今まで乗っていたのとは違う車に乗ることになり、
その車の使い方を確認しておこうと、車の持ち主に取説を要求しましたところ、
「取説?読むの?」と聞かれたので、逆に「え?読まないの?」と聞き返したのですが
取説を読まない人が結構いる説が浮上したのであります。

私はとりあえず、間違った使い方をしたくないとの思いから、
新しい製品を触る前には、なるべく一通り目を通すようにしています

取説は、弊社でもコンシューマー製品を開発するようになってから
営業、ソフト、電気、機構、社員総動員で作成しています。

取説がないと、お客様が手に取ったとき、使い方が分からなくて困るだろうと思うからです。

といっても、弊社の製品は、多くてもボタンはひとつかふたつ。
電源の入れ方やアプリの使い方などを記載するだけなのでA4サイズ1ページで十分です。
たったそれだけの取説を作るのにも、お客様が間違った捉え方をして壊してしまわないよう注意を払って作っています。

ですが、車の取説はたいていの小説の分量よりも多い
そんな複雑な機能をたくさん有した車を、
車購入時にディーラーさんからササっと教わっただけの情報だけをもとに使うなんて
私としては大変勿体ないと思うわけです。
なんといっても、取説というのは、小説よりも断然ためになることが書いてある、読み応えのある読み物なのです

注意事項や禁止事項も書いてあります。
smartphone_otosu_wareru
「落としたら壊れます」
なんていう基本的なこともちゃんと書いてあったり
Technisch
「分解しないでください」
というような、安全に関する記述もあります。

取説を読まなかったがゆえに、不便な思いをして使用している人がたくさんいることをご存知でしょうか?
軽い力で動かせるはずのところ、力の加え方を間違ったために壊してしまったり
なんのボタンなのか分からず、一生使わなかったり・・・
「こんな機能があればいいのに・・・」と考えていたら、実はその機能ありました。なんてこともザラです。

エンジニアが心を込めて設計した製品を世に送り出すとき・・・
取説はその機能を最大限に生かすために、製品と同じくらい、
いやそれ以上にと言っても過言ではないかもしれません
それはそれは念入りに、心を込めて作られています。
取説を作るための部署が用意されている場合もほとんどです。
「どんな絵を入れたら分かりやすいかな?」「言葉の使い方は適切かな?」
ひとつのことを説明するために、たくさんの人が関わります
図面を簡略化して載せるのにも、どういう絵がいいか考える人や
その図を作るためにもエンジニアが作業したり、デザイナーが作業したりして
最終的にそれを配置する人もまた別にいたりします。

そういった角度から、取説を見てみると、また違った印象で読むことができると思います
ぜひぜひ、取説をフル活用して快適に製品の魅力を最大限に生かして使っていただきたいなと思います




ポチっと応援お願いします!ブログランキングならblogram






一昨年の冬に、ホームセンターで球根を買ってきて
去年の春に咲いたチューリップ


咲き終わった球根を掘り起こして、半年保管していました。

そして大き目のものをまた、
昨年の冬に植えてみたのです。

すると

S__8232973
半信半疑で植えたので、とても適当に植えてしまい、
土から出てきてしまっているものもありましたが、
その球根からもちゃんと芽が・・・
S__8232975
チューリップって、思ったより強い・・・
S__8232974
弊社では、植木鉢の植物は、日ごろはどんどん枯れていく運命なのですが、
やはり地面に植えると植物というのは強いようです。

まったく世話をしていないのに花が咲いて感激しています。

もしかして、チューリップって、
このままほったらかしていたらどんどん増えていくのでしょうか??


今年は咲き終わっても球根掘り起こさず
そのままにしてみようかと思っています。


なにもせずに増えたらラッキーです。




ポチっと応援お願いします!ブログランキングならblogram